記事詳細

安倍首相、在職「戦後1位タイ」 11月20日には歴代最長政権に

 安倍晋三首相(自民党総裁)の通算在職日数が24日で佐藤栄作(2798日)を抜いて戦後最長となり、歴代でも単独2位になる。11月20日には戦前に3回首相を務めた桂太郎(2886日)の記録を塗り替え、歴代最長政権が視野に入る。

 2006年9月に発足した第1次政権は366日の短命に終わったが、12年12月の第2次政権以降は野党の低迷も相まって「安倍1強」が続く。

 21年9月末に党総裁の任期満了を迎えるが、党内には党則を改正し、「総裁連続4選」を求める声もある。