記事詳細

北朝鮮、韓国「GSOMIA破棄」直後にミサイル発射 文氏をあざ笑う正恩氏

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は24日朝、東部咸鏡南道(ハムギョンナムド)から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を2回発射した。韓国がGSOMIA破棄を日本に通告した直後の発射で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、文在寅大統領の無謀な決定をあざ笑っているかのようだ。

 日本政府は、弾道ミサイルを発射したもようだと発表。日本の領域や排他的経済水域(EEZ)には落下しなかった。

 北朝鮮のミサイル技術は低高度で飛行するなど高度化しており、韓国にとっては、日本海の着弾点側に近い日本との情報共有は不可避のはずだが、文政権は破棄を決めてしまった。

 GSOMIA破棄を求めていた正恩氏としては笑いが止まらない。“祝砲”といったところか。

関連ニュース