記事詳細

米中“経済断交”に発展!? トランプ大統領が米企業に「中国撤退命令」 (1/2ページ)

 米中貿易戦争は「経済断交」に発展するのか。トランプ米大統領は23日、中国で事業を展開する米企業に対し、中国から撤退するよう求めた。中国からの輸入品に対する制裁関税のさらなる引き上げもツイッターで表明。中国政府が発表した報復措置に一歩も引かず、ノーガードでの打ち合いとなっている。

 「率直に言ってわれわれは中国を必要としない」。トランプ氏はツイッターでこう言い切った。「貿易不均衡を正さなければならない」と強調し、米企業に対し、米国への回帰も含め「中国の代替地を速やかに探し始めるよう命じる」と言及した。

 トランプ氏はさらに、中国からの輸入品に追加関税を課す制裁関税「第4弾」で、税率を10%から15%に引き上げるとツイッターで発表した。2500億ドル(約26兆円)分に対する既存の制裁関税も、10月1日に税率を25%から30%に引き上げるとした。

 中国政府が制裁第4弾への報復措置として23日、農産品や化学製品など米国からの輸入品約750億ドル分に対し、最大10%の追加関税を課すと発表すると、トランプ氏は即座にカウンターパンチを繰り出した。

 トランプ氏の「中国撤退命令」に対し、米産業界からは反対や懸念の声も相次いだ。

関連ニュース