記事詳細

富士山で落石、登山女性が死亡

 26日午前7時ごろ、富士山の山梨県側登山道の頂上付近で「落石が女性に当たりけがをした」と119番があった。県警富士吉田署によると、登山をしていた20代女性の頭に石が当たり、死亡が確認された。山頂付近が通行止めになった。

 山頂付近の登山道は以前に石積みが崩れたため、ネットで覆った仮復旧の状態になっていて、一部は登山道の幅が狭くなっている。署が身元や落石の原因を調べている。署によると、通行止めになっているのは、標高3450メートル付近にある山小屋の「御来光館」から山頂まで。女性は複数人で登山していた。