記事詳細

宇宙初の犯罪? 米飛行士、口座不正侵入か

 初の宇宙犯罪か。米紙ニューヨーク・タイムズは24日、米航空宇宙局(NASA)の女性飛行士が国際宇宙ステーションから、離婚訴訟中の同性パートナーの銀行口座に不正にログインしたとして訴えられたと報じた。宇宙空間で起きた初めての犯罪容疑の可能性があるという。

 同紙によると、パートナーからの通報を受けてNASA監察官室が調べているのは、アン・マクレーン飛行士(40)。不正なアクセスではないと容疑を否定している。

 マクレーン飛行士は昨年12月から今年6月の国際宇宙ステーション滞在中、米中西部カンザス州に住むパートナーの銀行口座にアクセス。パートナーが気付いてNASAに訴えたが、同飛行士は「これまでと同様、以前と同じパスワードでアクセスしただけ。子供の養育に十分な金銭が口座にあるか確認した」と反論していて、口座資金の出し入れはなかったという。

 国際宇宙ステーションで犯罪が起きた場合どう扱うか取り決めがあるが、NASAや米専門家は宇宙空間で犯罪が起きた前例は知らないという。いずれは宇宙刑事も登場するのだろうか。