記事詳細

文大統領の最側近に強制捜査、政権に致命傷か!? 娘の不正入学、息子は徴兵逃れ…地に堕ちた「将来の大統領候補」 (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が法相候補に指名した最側近のチョ国(チョ・グク)前大統領府民情首席秘書官(54)の娘に、大学への不正入学や奨学金不正受給の疑いがあるとして、ソウル中央地検は27日、娘の母校の高麗(コリョ)大学など約20カ所を家宅捜索し、本格捜査に着手した。チョ氏の息子には兵役延期疑惑も指摘されており、文政権の致命傷になる可能性がある。

 「検察捜査を通じて、あらゆる疑惑が晴れるよう願う」

 チョ氏は27日、記者団にこう語ったが、韓国メディアが連日報じる疑惑で、「将来の大統領候補」のイメージは地に堕ちた。文政権による、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定も、この疑惑から国民の関心をそらす狙いがあったのではないかとの見方も出ている。

 チョ氏の娘は、高校時代に大学医学部の研究所で2週間、インターンをしただけで研究論文の筆頭著者として名を連ね、この論文を利用して大学に不正入学した疑いが持たれている。ソウル大大学院時代には、奨学金を不正に受けた疑いもある。

 このほか、息子の兵役が5度にわたり延期されたことや、投資ファンドに絡む蓄財疑惑、遺産相続をめぐる家族間の偽装訴訟などの疑惑が相次いで韓国メディアで報じられている。

関連ニュース