記事詳細

韓国GSOMIA破棄を機に「憲法改正」を進めよ アパ・元谷代表が激白「北主導で朝鮮統一なら『核兵器持った反日国家』出現も」 (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことで、日本の安全保障環境が激変する可能性が出てきた。国内最大のホテルネットワークを持つアパグループの代表で、保守系言論人としても活躍する元谷外志雄(もとや・としお)氏が、東アジア情勢と憲法改正について語った。

 「文大統領の判断はあり得ない。GSOMIAによって高度な衛星情報などを得られていたのは韓国だった。破棄で、日本だけでなく、米国まで激怒させた。経済政策の失敗で追い詰められて、『反日』強硬姿勢で支持率を上げようという計算なら、墓穴を掘ったとしか言いようがない」

 元谷氏はこう語った。

 ドナルド・トランプ米大統領は、フランスでのG7(先進7カ国)首脳会議で、文政権について「韓国の態度はひどい」「何で、あんな人が大統領になったんだ」などと批判したとされる。

 元谷氏は「韓国を同盟国扱いしていない」と驚き、続けた。

 「一部で『在韓米軍撤退・米韓同盟破棄か』という報道があるが、軍にそういう認識はないだろう。東アジアで最も警戒すべきは中国だ。北朝鮮の核・ミサイルも『中国の介入を防ぐため』との見方もある」「いわゆる『元徴用工』の異常判決や、韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射事件、国会議長による『天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求』など、文政権の対応はおかしい。日本の歴代政権が甘やかしてきた弊害ではないか」

関連ニュース