記事詳細

韓国協定破棄を米軍制服組トップが猛批判「2国間の情報共有に勝るものない」 米大使が韓国軍OB会ドタキャンも (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、米国を本気で怒らせたようだ。日米韓の安全保障の基盤である、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を文政権が勝手に決定したことに、米軍高官が相次いで韓国批判を発信したのだ。文大統領は相変わらず、協定破棄の原因は日本にあると言わんばかりの暴言を繰り返しているが、足元の米韓同盟は崖っぷちに立たされている。

 「日米韓には、他にも情報共有の手段はあるが、(日韓の)2国間の強力な情報共有の協定に勝るものはない」

 米軍制服組トップ、ジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長は28日、国防総省での記者会見で、GSOMIA破棄決定に関し、こう述べた。

 そのうえで、「米国の軍事作戦に直ちに影響はない」「日韓関係の修復に向け、米国は働きかけを継続していく」と語ったが、その表情は怒りに満ちていた。

 マーク・エスパー国防長官も同席し、「日韓関係の現状には失望している。日米韓は北朝鮮と中国という共通の脅威に直面しており、脅威に対処するのに日韓が対立を乗り越えてくれると期待したい」と語った。

 米国は、政策判断がことごとく前後不覚に陥っている文政権に、協定破棄の判断を再考するよう迫った。

 ハリー・ハリス駐韓米国大使も心穏やかではなさそうだ。韓国の在郷軍人会で29日に予定していた講演をキャンセルしたのだ。

関連ニュース