記事詳細

香港の大学・中高生らが授業ボイコット ゼネストも呼びかけ

 【香港=藤本欣也】「逃亡犯条例」改正問題に端を発した抗議活動が続く香港で2日、同改正案の完全撤回などを香港政府に求めて、大学生や中高生の一部が授業をボイコットした。また、抗議運動の一環としてゼネストも呼びかけられている。同改正問題でゼネストが実施されるのは8月5日に続き2回目。

 2日は新学期の開始日。大学では香港大や香港中文大など計10大学の学生会組織が、同日から2週間の授業ボイコットを学生に呼びかけている。午後には香港中文大で決起集会が開催される予定だ。

 中高生のグループも毎週1日の授業ボイコットを目指している。2日朝、一部の学校では生徒らが校門の周辺で手をつないで「人間の鎖」をつくり、政府に同改正案の完全撤回など5大要求の受け入れを求めた。

 また、地下鉄の駅構内では同日午前、若者らが緊急ボタンを押すなどして地下鉄の運行を妨害、交通機関が一部乱れた。この日のゼネストは広範な職種で参加が見込まれている。

 8月のゼネストでは、香港国際空港の職員らが参加し200便以上が欠航。バス運転手約200人もストに加わり、香港の交通機関が一部麻痺(まひ)した。(産経新聞)