記事詳細

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】グレートバリアリーフを「軽石の巨大島」が救う!? サンゴ、藻、貝類…新しい生態系が生まれる可能性も (1/2ページ)

 膨大な量の軽石が、オーストラリアの東海岸へ向かって漂流を続けている。その面積は60平方キロ。東京23区の中でも最大の大田区や2番目の世田谷区の面積に相当する。それぞれ70万~90万人の人が住んでいる大きな区だ。

 この軽石の「島」は海面上を漂っている。かつて別の「島」が発見されて、「島」として命名されて権威あるタイムズ世界地図帳やグーグルの地図に載ったこともある。実在の島だと思われたのである。

 今回の「島」はこの夏に発見されたのだが、数日前には南太平洋の島国トンガの近くで海底火山の噴火が起きていた。海底火山から大量の軽石が出て海面上に漂う巨大な「島」になったのだ。

 火山学では「パーミス・ラフト」というもので、「パーミス」とは火山から出る軽石、「ラフト」とは筏(いかだ)やゴムボートを意味する。

 この「島」は、オーストラリアの東海岸へ向かって漂流を続けている。

 東海岸には、グレートバリアリーフがあり、ここには4000近いサンゴ礁がある。

 だが、気候変動によって海水温が上昇したばかりではなくて、二酸化炭素を吸収した海は、より酸性化した。このためにサンゴは白化現象を起こし、共生関係にあった藻を失っている。いまやグレートバリアリーフの3分の2もが激しい白化現象によって荒廃している。

 この膨大な軽石が流れつくと、サンゴ礁を再生させる助けになるかもしれないという期待がある。

 それは、軽石が何カ月も漂流している間に、サンゴの幼生をはじめ、藻やフジツボ、カニ、貝類、蠕虫(ぜんちゅう)などあらゆる種類の生物が住み着いて、軽石が海洋生物の巣の役割を果たしているからだ。

関連ニュース