記事詳細

もはやサンマは高級魚 「日本近海に戻らない恐れ」指摘も (2/2ページ)

 「予測は難しいですが、ここ数年、続いているのは事実です。何年か後に海水温が下がっても、サンマが日本列島から離れた生活に慣れてしまうと、習性が変わって戻ってこない可能性はあります。

 期待できるとしたら、台風が北海道まで来て、海の水を攪拌して温度を下げることです。海水温が上昇すると台風も増えますから、これは自然のメカニズムと言えるかもしれません。また、数年から10年おきに発生して漁業や気象に影響を与える『黒潮の大蛇行』が今、起きているのですが、これが元に戻れば、サンマも戻ってくる可能性はあります」(山田教授)

 サンマだけではない。イカも高い海水温を嫌って、寄りつかなくなっている。そのせいで、近海マグロも影響を受けているという。

 「日本海の海水温も上昇していて、富山県や石川県のイカ漁の漁業者は、北海道の沖合まで北上してイカ漁をするようになっています。今年1月頃は大間のマグロが不漁でしたが、マグロの餌になるサンマやイカが日本の沿岸に近づかなくなったからです」(山田教授)

 その一方で、逆のパターンもある。

 「シラスが獲れるのは今まで福島県沖あたりが上限とされていましたが、海水温の上昇で、今は仙台沖でも獲れるようになっています。イワシも温かい水を好むため、北海道では豊漁で、それでサンマ漁の漁業者はイワシ漁に転換しているのです」(山田教授)

 気候変動が生態系に影響を及ぼすなかで、我々の食生活も変えざるをえなくなる時代がやってきている。とはいえ、秋の味覚の代表だった秋刀魚=サンマがこのまま食卓から消えてしまうのは、なんとも寂しい限りだ。

 ●取材・文/清水典之(フリーライター)

NEWSポストセブン

関連ニュース