記事詳細

「健康寿命」の理想と現実に大きな差 明治安田生命が20~79歳男女にアンケート

 明治安田生命は5日、20~79歳の男女を対象とした「健康」に関するアンケート結果を発表した。何歳まで健康で長生きしたいか、「理想の健康寿命」について聞いたところ、全体の平均は81・50歳。実に「現実の健康寿命」(74・81歳)と6・69歳の差があった。

 健康寿命の理想は男性が81・90歳、女性が81・10歳。厚生労働省によると、16年の実際の健康寿命は男性が72・14歳、女性が74・79歳で、理想と現実の開きがより大きいのは男性だった。

 3人のうち2人が運動やスポーツを日常的に行っていないと回答。理想の睡眠時間は平均7時間半だが、現実は6時間20分程度だった。運動や睡眠が足りない理由は「忙しい」が上位に入った。

 調査は7月上旬~中旬に全国20~79歳の既婚男女を対象にインターネットで実施し、5640人が回答した。