記事詳細

強い台風15号、関東直撃か 週明け通勤時間は要警戒

 週明けの通勤・通学時間は要警戒だ。強い台風15号は7日、日本の南の海上を西寄りに進んだ。8日夜から9日にかけて関東付近に接近・上陸する恐れがあり、気象庁は暴風やうねりを伴う高波、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。台風の雲域が比較的小さく、接近につれて急に風が強まったり、波が高くなったりしそうだ。

 台風15号は7日午前9時現在、父島の東約280キロを時速35キロで西北西に進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。

 8日午前6時までの24時間予想雨量は東海で100ミリ。その後の24時間は東海300~400ミリ、関東甲信、伊豆諸島200~300ミリ、東北100~150ミリ。

関連ニュース