記事詳細

ポストは狭き門…内閣改造「入閣待機組リスト」 西村官房副長官や河井克行氏ら起用の声 (1/2ページ)

 安倍晋三首相(自民党総裁)は6日、訪問中のロシアから帰国し、11日に断行する内閣改造・党役員人事に向け、調整を本格化する。現在、「衆院当選5回以上、参院当選3回以上」で、閣僚経験のない入閣待機組は約70人とされる。各派閥から初入閣が噂される名前が伝わってくるが、当選回数だけで閣僚になれる時代ではなく、狭き門といえそうだ。

 「いろいろ、話をしました」

 岸田派を率いる岸田文雄政調会長は4日、官邸で安倍首相と会談後、記者団にこう語った。8月30日にも面会し、同派の金子恭之元国交副大臣(衆院熊本4区)や、葉梨康弘衆院法務委員長(同茨城3区)らの登用を求めたとみられる。

 安倍首相の出身派閥である細田派の細田博之会長も4日に官邸で安倍首相と会い、人事の希望を伝えたもようだ。

 永田町では、細田派から、西村康稔官房副長官(同兵庫9区)が入閣し、後任の副長官に無派閥の小泉進次郎氏(同神奈川11区)を抜擢(ばってき)するとの見方もある。細田派では、五輪メダリスト、橋本聖子前参院議員会長(比例)を五輪相に推す声もある。

関連ニュース