記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】「常磐道あおり運転」はいじめや家庭内暴力と一緒 自分よりも弱者を見つけて徹底的に追い込む (1/2ページ)

 高速道路で悪質なあおり運転をした上に暴力を振るったとして逮捕された男がいたけど、ちょっと考えられない行動だよね。レンタカーとはいえ高級車に乗っていたそうだから、気が大きくなっていたのかな。

 そもそもこの事件は、被害者の車にドライブレコーダーが設置されていて映像がテレビで放送されたことが大きい。すごい映像だったもの。他の車がバンバン通っていて、一歩間違えれば追突されるかもしれないような状況で相手の車を無理矢理止めさせるだけじゃなく、パンチを食らわして同乗者が携帯で撮影していたなんて。常識的に考えれば、とても危険な状況だと分かるはずなのに。

 ボクにいわせると、あのあおり運転は学校のいじめや家庭内暴力と同じ構造だ。自分よりも弱者を見つけて徹底的に追い込む。それまではおとなしかった人でも、ふとしたことで母親を殴って暴力の味をしめて、どんどんエスカレートしていくという具合だ。タチが悪いよね。

 今回は被害者が警察に届け出て映像がテレビで公開されたから大問題になったけど、似たようなあおり運転で怖い経験をした人は結構いるんじゃないかな。

 普段は温厚なのに「ハンドルを握ると性格が変わる」ということもある。車はとても便利でかっこいいし、高齢者でもスピードが出せる代物だ。運転が爽快な分、全能感のような感覚を持ちやすいかもしれない。でっかい「ハマー」に乗ると、やたらと威勢がよくなるとかね。ボクの友達でもいるんだけど、こういう人が運転する車に同乗するのは怖いよね。

関連ニュース