記事詳細

【海外こぼれ話】住宅街でコブラが逃走! 一時住民避難も無事捕獲

 ドイツ西部ヘルネの住宅街でコブラが逃げ出し、住民が避難する騒ぎとなっていたが、5日後に無事捕獲された。体長1.4メートルの猛毒を持つコブラは建物の入り口付近に潜んでいた。地元メディアが伝えた。

 専門家が小麦粉や両面の粘着テープを活用し、血眼で捜し回っていた。当局は、近隣の男性宅から大量のヘビを押収したが、男性はコブラは所有していなかったと主張している。(共同)

関連ニュース