記事詳細

立民・国民代表会談が19日に延期 福山哲郎氏「最後のところで整わなかった」

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の野田佳彦の各代表は17日、衆参両院での会派合流を巡り同日午前11時から国会内で予定していた会談を取りやめた。立民の福山哲郎幹事長は国会内で記者団に「9合目まできたが、最後のところで整わなかった」と説明。代表会談を19日に延期したと明らかにした。

 福山氏は「全体の交渉が行き詰まっている訳ではない。最後の丁寧な調整のためにきょうは見送った」とも述べた。19日の会談では、会派合流後の衆参の幹部人事などに関して意見交換し、合意できれば会派の意思決定手続きなどを定める運営協議会を設置する見通し。

 立民、国民両党は合流後の参院会派の幹部人事を巡り、どちらの党幹部を役員に充てるかで意見が対立しており、両党の幹事長レベルで交渉してきた。会談の延期は、参院の人事がネックになったとみられる。

 会派は、衆参それぞれで国会活動を共にする議員グループ。違う政党同士で組む場合もある。