記事詳細

【スクープ最前線】韓国・文政権“崩壊”危機!? トランプ政権、米韓首脳会談で“引導”か…識者「韓国の外交、経済はパニックになる。文氏は終わりだ」 (2/3ページ)

 こうしたなか、韓国大統領府は13日、文氏が国連総会に出席するため22~26日の日程でニューヨークを訪問し、「トランプ大統領と会談する予定だ」と発表した。

 笑止千万。どのツラ下げていくのか。

 トランプ氏は、文氏が嫌いだ。今年4月の米韓首脳会談では、実質2分間しか会話しなかった。8月のフランスでのG7首脳会議では、「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は『文大統領はウソをつく人だ』と俺に言った」「何で、あんな人が大統領になったのか」と、各国首脳の前で批判した。

 文政権は8月末、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定した。(文氏のブレーンが事実上)「米韓同盟破棄」まで示唆した。「反日」をバネに、北朝鮮との南北統一を目指し、赤化革命に暴走している。「全部、日本が悪い」「日韓の仲裁をしない米国が悪い」とわめきちらしている。異常極まりない。

 外務省関係者は「今回の米韓首脳会談は、韓国側が泣きついた、命乞い外交のようだ。トランプ政権が、レッドラインを超えた文政権に『引導を渡す工作に入った』という情報がある。米国は、文政権を『中国に寝返った裏切り者だ』と敵視している」と語った。

関連ニュース