記事詳細

森田知事、安倍首相に「激甚災害」指定を要請 千葉停電・断水11日目

 台風15号による千葉県内の広域停電は19日で11日目になる。東京電力によると午前8時9分現在、南房総市、市原市、山武市、君津市など約3万1000戸で停電が続いた。

 断水被害も解消されておらず、県によると19日午前7時現在、5012戸で断水している。地下や河川から水をくみ上げるポンプが停電により復旧しないことが主な要因で、各自治体は電源車や発電機を手配するなど対応に当たっているが、復旧は遅れている。

 安倍晋三首相は18日、千葉県の森田健作知事と官邸で面会し、台風15号被害を「激甚災害」に指定するよう要請を受けた。森田氏は面会後、記者団に「非常に前向きな回答を頂いて大変喜んでいる」と語った。

 森田氏によると、首相は「国は相当のスピード感を持ってやっている。日々いろいろ変わってくるので連絡がほしい」などと述べた。