記事詳細

「英軍ラグビーチームが靖国参拝で注意」報道はフェイク!? 韓国メディア飛びつくも…駐日英国大使館「神社を訪問しないよう指示したことない」 (1/2ページ)

 現役の英軍人で構成されるラグビーチームが訪日中、東京・九段北の靖国神社を参拝し、物議を醸したと、英紙タイムズ(電子版)が報じた。韓国メディアも「駐日英国大使が叱責」「歴史に対する無知が露呈」などと英国軍人チームを批判するように報道したが、何と、駐日英国大使館が公式ツイッターで否定する事態となっている。

 タイムズによると、英国軍人チームは、防衛省の主催で23日まで開かれている「国際防衛ラグビー競技会」に参加するため来日。チームで靖国神社を参拝したが、第二次世界大戦で日本と戦った英国内では「A級戦犯が合祀(ごうし)される神社」との批判があるとして、ポール・マデン駐日英国大使が注意したという。

 靖国神社を勝手に問題視している韓国メディアは、これに飛びついた。

 中央日報(日本語版)は20日、タイムズの報道を引用する形で、英国軍人チームが参拝後、笑顔で記念写真を撮影し、チームのツイッターに投稿したことを、「歴史に対する無知を露呈した」と批判的に報じた。

関連ニュース