記事詳細

「毎月10万円贈る」投資話で現金詐取! 1年間で6800人から9億円荒稼ぎ手口

 「毎月10万円を渡せる」と偽り、「GIFTプロジェクト」と名付けた企画の参加費として現金をだまし取る-。大阪府警生活経済課は26日までに、詐欺の疑いで住所不定の自営業、八木雄一容疑者(31)、千葉県市川市の自営業、伊藤公一容疑者(65)ら男女5人を逮捕した。ネット上の動画を駆使して次々とだます手口。同課は2017年4月以降の約1年間で全国の延べ約6800人から約9億2000万円を集めたとみている。

 生活経済課によると、伊藤容疑者が動画で「加藤浩太郎」という人物に扮し、「外国為替証拠金取引(FX)などの運用で資産が約80億円あり、500人以上に毎月10万円を渡している。賛同してくれれば、私が運用して毎月10万円を渡せる」などと言って、企画の参加費約10万円を募っていた。

 府警は事件に関わったとして、同容疑でアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに滞在している男(26)の逮捕状も取得した。

 逮捕容疑は共謀して17年4~5月ごろ、ネット上の動画でうそを言い、50~60代の男女5人から参加費名目で計約52万円をだまし取った疑い。

 府警に17年5月、情報提供があり、関係先を家宅捜索して調べていた。簡単にもうかる投資話などない。うまい話には乗ってはいけない。

関連ニュース