記事詳細

【釈量子 いざ!幸福維新】「香港デモ」若者と市民の一体感に涙 (1/2ページ)

 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を発端とした抗議活動が続く香港で、8月末に、何が起きているのかをこの目で確かめてきました。

 反政府デモは開始から100日以上が経過しましたが、香港の市民らは地元警察への不信感を強め、香港行政への信頼は地に落ちています。

 私はキリスト教関係者や住民らが集会を開き、全員で賛美歌を口ずさむ様子を視察しました。市民の愛と一体感がひしひしと伝わってきました。

 香港には約90万人のクリスチャンがいるとされ、抗議活動に大きな力を発揮しています。彼らは「自由」「法の支配」「人権」を求めて戦い続けています。「武器」は傘しか持っていません。街のショッピングモールでは、警官隊とぶつかる最前線に向かう若者らに住民が傘を渡し、拍手で送り出す様子が印象的でした。

 中国本土からの移民と共産主義者を除けば、「実に80%の香港人が抗議活動を支持している」と聞きました。彼らは決して暴徒ではありませんが、中国の習近平指導部は市民コミュニティーを分断させ、抗議の意志をくじこうと、あらゆる手段を講じています。

 中国共産党の機関紙「人民日報」海外版は、デモの過激化は個人を特定しにくくするマスクの着用が原因だとして、香港政府に「覆面禁止法」の早期立法を促す論文を掲載しました。監視を強めるこうした動きに香港の住民らは反発し、西側諸国の支援を要請しています。

関連ニュース