記事詳細

進次郎氏よりも逸材? 安倍首相の切り札は「DAIGO」か (1/4ページ)

 「気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこよく、セクシーであるべきだ」--。ニューヨークで行われた環境関連のイベントでの小泉進次郎環境相(38才)の発言の違和感は、日本だけではなく海外メディアも取り上げ、物議をかもした。彼から発せられる“中身のない発言”の数々に、結婚当初のお祝いムードは、早くも雲散霧消。そんな中、政界で新たな動きが見え始めている。

 滝川クリステル(41才)との電撃婚、男性で戦後最年少の入閣と、「将来の総理」に向けてひた走る小泉進次郎環境相。滝川には早くも「将来のファーストレディー」との声があがっている。しかし、水面下では激しい逆風が吹き荒れている。

 「進次郎さんのサプライズ入閣は安倍晋三首相(65才)の本意ではありません。滝川さんとの結婚報告から、首相と進次郎さんとの間はさらに溝が広がりました。そもそも首相は“将来の総理候補”として彼の名前が挙がることを快く思っていません。そんな中、首相は“進次郎の党内対抗馬”として最適なある人物について、出馬の話を進めたいと考えているようです」(政治記者)

 白羽の矢が立ったのは、あの元総理の孫だという--。

 初入閣から2週間、鳴り物入りの進次郎氏は早くもつまずいた。

 「福島原発事故の汚染土の最終処分場について記者から問われた際に『30年後の自分は何才か、発災直後から考えていた。30年後の約束が守れるかどうか、その節目を見届けることが、私はできる』などと要領を得ない返答をしたことで失笑を買った。『ちょっと何を言っているのかわからない』『まるでポエム』と批判されています」(別の政治記者)

 その一方で今、進次郎氏をめぐって、官邸のツートップが水面下で“冷たい攻防”を繰り広げている。

NEWSポストセブン

関連ニュース