記事詳細

N国党・立花党首が「虐殺」発言 国会議員としての“資質”問う声も

 マツコ・デラックスへの「襲撃」や元党員への脅迫容疑など、過激さが際立つNHKから国民を守る党の立花孝志党首が、動画投稿サイト「ユーチューブ」でジェノサイド(民族大虐殺)を連想させる発言をしていたことが分かった。あまりにも過激な発言に、国会議員としての資質が問われそうだ。

 「ものすごく大ざっぱに言えば『あほみたいに子供を産む民族はとりあえず虐殺しよう』みたいな」「ある程度賢い人だけを生かしといて、あとは虐殺」

 19日に配信した動画でこう語った立花氏。増加し続ける世界人口への対策については他にも、「ばかな国ほど子供を産む。ばかな民族というか。そういう人々を甘やかしたら、どんどん子供を産む」などと発言を繰り返している。

 こうした発言が報じられると今度は27日、人口増加によって食料や資源が限られるため、争いになるとし、「どこかの国の人たちを殺戮(さつりく)してしまおうなんてつもりはさらさらない」と釈明する動画を配信した。

 ネット上には「国会議員が口にしちゃいかんでしょ」「公人としては失格」などという声が挙がっている。

関連ニュース