記事詳細

16歳の環境保護少女をもてはやす「大人たちへの違和感」 グレタさん言動に賛否…「大人にいいように操られている」との声も (1/2ページ)

 国連「気候行動サミット」で地球温暖化に警鐘を鳴らしたスウェーデンの少女、グレタ・トゥンベリさん(16)の演説が世界的な話題となった。ノーベル平和賞候補との下馬評も立ち、日本のテレビや新聞でも称賛が相次いだ。ただ、その極端な主張や、周囲の異様な持ち上げ方をいぶかしむ向きもある。

 学校の授業をボイコットし、議会前で地球温暖化阻止を求める座り込みなどの活動を始め、若者による世界的な運動の火付け役となったグレタさん。国連本部のある米ニューヨークにも、二酸化炭素を排出しないとされるヨットで2週間かけて大西洋を横断したことも話題となった。

 各国指導者を前にグレタさんは、温暖化により「人々は苦しみ、死にかけている。私たちは絶滅に差し掛かっているのに、あなたたちが話すのは金のことと、永遠の経済成長というおとぎ話だけ」などと主張。「あなたたちには失望した。しかし若者たちはあなたたちの裏切り行為に気付き始めている」と語気を強めた。

 グレタさんの言動を日本のテレビや新聞はほぼ手放しで持ち上げた。一方でネット上では《ああいう場であのパフォーマンスができたことも含めて感動した》とする意見もある一方、《大人にいいように操られている》と周囲の持ち上げ方に違和感を示す声もあるなど賛否両論だ。

関連ニュース