記事詳細

茨城一家殺傷事件、無事の長女「言い争う声聞いた」

 茨城県境町若林の民家で会社員の小林光則さん(48)と妻の美和さん(50)が殺害され、長男(13)と次女(11)が重軽傷を負った事件で、無事だった長女(21)が「言い争う声のようなものを聞いたが、怖くて部屋から出られなかった」という趣旨の話をしていることが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 小林さん夫妻は9月23日未明、2階の寝室の布団の上で切り傷を負った状態で倒れているのを駆けつけた境署員に発見され、現場で死亡が確認された。2階の階段脇にある子供部屋では寝ていた長男と次女も襲われた。2人は「帽子をかぶりマスクをした男に襲われた」と説明し、加えて次女は「スプレーのようなものをかけられた」とも証言している。