記事詳細

進次郎環境相、国会答弁は“ポエム封印”!? 慎重な言動目立ち…野党の質問攻め乗り切れるか (2/2ページ)

 周辺は「進次郎氏は帰国後、ポエム(詩的)な発言は抑えているようだ。福島視察などで、まずは現場の理解に必死だ」と指摘する。

 10日から始まる衆院予算委員会で野党の質問攻めにあった場合、無事に乗り切れるのか。

 政治評論家の伊藤達美氏は「進次郎氏は国会答弁を淡々とやるはずだ。発信力もあり、個人的な感想を聞かれた場合でも的確に答えられるだろう。普通にやれば問題はない」と語っている。

関連ニュース