記事詳細

【長谷川幸洋「ニュースの核心」】茂木敏充外相と河野太郎防衛相“ポスト安倍”への分かれ道… 2人に求められる「頼りがいのある安心感」 (1/3ページ)

 第4次安倍再改造内閣には、「ポスト安倍」と目される政治家の多くが入閣している。経済再生担当相から横滑りした茂木敏充外相、外相から転じた河野太郎防衛相もそうだ。

 この内閣での働きぶりいかんで「総理への道」が切り開かれるかもしれず、2人にとっては、まさに正念場である。2人はどんな政治家なのか。まず、茂木氏からだ。

 茂木氏のツイッターをのぞくと、外相就任後の9月17日から立て続けに各国外相との会談について発信している。それ以前は、経済再生相当時の6月21日が最後なので、力の入れようがうかがえる。

 マイク・ポンペオ米国務長官との電話会談に始まり、イランやロシア、ブラジル、ドイツ、インド、韓国、中国の外相らと顔合わせに大忙しだ。英語が堪能な前任者と違って、茂木氏は日本語で話しているようだ。だからといって、英語が苦手ではない。

 ハーバード大学院に留学経験があり、英語はできる。だが、あえて公式の場で使わないのは、賢い選択である。通訳に任せている間に考える時間を稼げるからだ。日米通商協議を無難にまとめたのは茂木氏の功績だが、背景には「話は分かっているけど、相手のペースにはまらない」という、心の余裕も理由の1つではないか。

関連ニュース