記事詳細

野党追及チーム、関電本店を直接訪問 臨時国会の論戦前に真相解明へ

 関西電力役員らの金品受領問題で、立憲民主党などでつくる野党追及チームは5日、大阪市の関電本店を訪れた。週明けに始まる臨時国会の論戦前に関係者と直接会い、真相解明への協力を求めたい考えだ。関電側は面会に応じない意向だ。

 追及チームは午後、福井県高浜町へ移動し関電高浜原発を視察。役員らに金品を渡した元助役の自宅や、元助役と関係の深い建設会社「吉田開発」を訪問する予定だ。

 視察には立民と国民民主党などの新会派と、共産党の国会議員が参加。関電は3日に野党側が求めたヒアリングへの出席を拒否した。高浜原発への入構も認めていない。

関連ニュース