記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】GPIF、外国国債の運用拡大へ 米中貿易戦争を見据えた対策 (2/2ページ)

 平たく言えば、それだけ公的年金の運用(=投資)は死活的に重要なのだ。

 GPIFの管理運用業務担当者は、水野弘道理事兼最高投資責任者(CIO)。9月末に任期満了を迎えた水野氏は再任された。

 今夏には退任説がささやかれたが、米国最大の公的年金カリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)など、海外機関投資家から絶大な信頼を得ている同氏は余人をもって替え難いとして再任されたのだ。

 加えて、同氏には、安倍晋三首相側近の世耕弘成参院自民党幹事長、GPIFを所管する厚労省の加藤勝信厚労相という強力な“助っ人”がいる。新たな運用計画(資産保有比率の変更)に期待したい。(ジャーナリスト・歳川隆雄)

関連ニュース