記事詳細

【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】「GSOMIAなし」で日本政府の対応混乱? 北ミサイル発射で一部報道に違和感 (1/2ページ)

 北朝鮮による2日朝のミサイル発射は、私の番組「Ok!Cozy up!」の放送中に一報が入ってきました。菅義偉官房長官の会見がすぐ行われ、「北朝鮮東岸から2発の弾道ミサイルが発射された」という発表がありました。午前中、2回目の会見では、「1発の弾道ミサイルが発射され、2つに分離して落下した可能性があると考えられる」と、情報の訂正が行われています。

 この件をもって、日本の一部メディアから「日本の対応は混乱している」「日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を韓国側に破棄決定させたからだ!」という批判が出てきています。

 先月下旬にも、共同通信が「北朝鮮が5月以降、発射を繰り返した新型ミサイルに関し、日本政府が複数回、発射後の軌道を探知できなかった」という記事を配信しました。いずれも、韓国を追い込んだ安倍晋三政権を批判し、日本の防衛が危ぶまれると指摘しています。

 最近、政治のみならず、安全保障や経済のニュースでも、アクロバティックに政権批判につなげる記事が散見されます。ただ、無理に舵を切ろうとするので、どうしても矛盾が生じます。

 まず、日韓GSOMIAは韓国が破棄を宣言しましたが、即日破棄ではなく、11月23日までは維持されます。実際、このスキームを利用して韓国軍側が日本の防衛省に情報提供を依頼してきました。「どの面下げて」とは思いますが、客観的に見てGSOMIAがないから日本政府の対応が混乱したというのは事実に反します。

関連ニュース