記事詳細

【海外こぼれ話】車のボンネットにクルミ200個超 いったい誰が…

 米東部ペンシルベニア州の女性が、車から焦げた臭いと異常音がすることに気付きボンネットを開けると、200個以上のクルミや草で埋め尽くされていた。冬眠に備えたリスの仕業とみられる。米メディアが報じた。

 エンジン付近で見つかった一部は焼けてローストされた香りに。女性の家の庭に大きなクルミの木があるといい、夫は「全然実が落ちていないからずっと不思議だったんだ」。

関連ニュース