記事詳細

【勝負師たちの系譜】世代交代少ない女流棋界の中で台頭する若手 山根ことみ女流初段と加藤結李愛女流初段に注目 (1/2ページ)

 プロの制度ができて45年になる女流棋界だが、年数の割には世代交代の回数が少ないと思うのは、私だけであろうか。

 最初は、蛸島彰子女流六段の天下だった。ただ一人、奨励会の経験者だったから、当然と言えば当然か。その壁を破ったのが、林葉直子元女流王将や中井広恵女流六段といった、次世代の奨励会組で、その後は清水市代女流六段の天下が長く続いた。

 そして次に、奨励会の有段の壁を打ち破った里見香奈女流六冠や加藤桃子女流三段が出てくる。つまり、45年間で世代交代は、3回しか行われていないのだ。

 男性棋士でも、一人の棋士の天下が長く続いた時代はあったが、女流棋界はさらに、トップ棋士のレベルが他と違っているとも言える。そして現在は里見の天下で、これを西山朋佳女王が猛烈に追い上げるという構図になっている。

 しかし男性でも有望棋士は皆、10代から注目されるから、若手の女流が出てきても良い頃である。

 現在の注目株としてはまず、8月に『YAMADA女流チャレンジ杯』、そして今月『白瀧あゆみ杯争奪新人登竜門戦』(非公式戦)を制した、山根ことみ女流初段(21)。愛媛県松山市出身で、野田敬三六段門下だ。

 YAMADA杯は、ヤマダ電機特別協賛で、決勝を群馬県高崎市の本店で行う棋戦。白瀧杯は、棋士御用達の呉服屋が後援し、やはり決勝を白瀧呉服屋で行う棋戦だ。囲碁界には、個人スポンサーのタイトル戦があるが、将棋界では珍しい。

関連ニュース