記事詳細

痴漢被害を「見える化」 アプリで発生場所や件数ランキング表示、撃退スタンプは完売 (2/2ページ)

 文具メーカーのシヤチハタ(名古屋市)は「迷惑行為防止スタンプ」を公式オンラインストアでテスト販売。8月下旬に用意した500個が約20分で完売した。インクは太陽光や照明の下では無色透明だが、付属の特殊ライトを当てると手を広げたマークの印影が浮かび上がる。

 痴漢被害に遭ったときに安全ピンを使って撃退する方法がインターネット上で議論になり、同社は抑止に役立つスタンプの開発を進めていた。今後、利用者の声を基に、本格的に販売するかどうかを検討する。広報担当者は「迷惑行為をなくすために、どう貢献できるか。『痴漢を許さない』という意識が広がるきっかけにしてほしい」としている。

関連ニュース