記事詳細

河村市長、芸術祭「検証委員会」設置へ 「公共事業としてふさわしいかどうか検証」

 名古屋市の河村たかし市長は15日の定例記者会見で、企画展「表現の不自由展・その後」を開いた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の開催費用をめぐり、企画展実施の経緯を調べ、市負担分の支出の是非を判断する検証委員会を近く設置すると表明した。

 トリエンナーレは総事業費約12億円のうち、市は約2億円を負担する予定で、18日が期限の約3380万円の支払いを当面留保する方針を改めて示した。残額はすでに支出している。

 芸術祭実行委員会の会長代行を務める河村市長は「天皇陛下の肖像画をバーナーで焼いて足で踏んづけて、という展示を名古屋市が主催する場所でやっているのが問題。公共事業としてふさわしいかどうか、きちんと検証させていただく」と説明した。

関連ニュース