記事詳細

「即位祝賀パレード」延期へ 台風被災地対応を優先

 天皇陛下のご即位に伴い、22日の「即位礼正殿の儀」の後に行うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」について、政府が台風19号による被災地への対応に万全を期すため、延期する方向で調整していることが分かった。政府関係者が17日、明らかにした。

 一方、「即位礼正殿の儀」や、「饗宴(きょうえん)の儀」は、予定通りに行う方針だ。

 22日の祝賀御列の儀では、オープンカーを含む車列が午後3時半に皇居を出発、同4時ごろ赤坂御所に到着される予定となっていた。

 政府は各省庁をあげて、ご即位に伴う一連の行事の準備を進めていた。しかし、台風19号に伴う被害が甚大で、復旧作業や被災者支援の長期化が予想されることから、政府は大規模な警備などが必要になる祝賀御列の儀を延期し、被災地の対応を最優先で取り組む方針にした。(産経新聞)

関連ニュース