記事詳細

民主党政権時代“凍結”の八ッ場ダムが台風19号で力発揮! 「コンクリートから人へ」スローガンに反省は? 立憲民主党・福山幹事長を直撃 (2/2ページ)

 福山氏はこの後、異常気象や気候変動から、圧倒的な財政負担を公共事業に注ぎ込むことへの国民の理解、ニューヨークの国連本部で9月に開かれた「気候行動サミット」で安倍晋三首相が演説しなかったことなどを取り上げ、最後に次のように語った。

 「ダムは必要であるところは必要だと思います。僕はダムを全部否定したことはありません。しかし、ダムがあることによって放流・放水のリスクもあるということは裏側ではあります。政治や政策が全部ゼロかサムかですむなら、こんな楽なことはありません。特に自然を相手にするものですから、そういうところをよく理解していただきたい」

 一連の回答に、強い「反省」や「後悔」は感じられなかった。有権者はどう判断するのか。(ジャーナリスト・安積明子)

関連ニュース