記事詳細

【海外こぼれ話】マニラの渋滞は危機的状態 大統領報道官が“実証”

 フィリピンのパネロ大統領報道官が、マニラでバス型の乗合自動車3台とバイクを乗り継いで大統領府に出勤したところ、午前5時すぎから約3時間半もかかり、始業から1時間近く遅刻した。地元メディアが伝えた。

 マニラは渋滞がひどいが、パネロ氏は先日「危機的状態にはない」と発言。市民から「庶民の足を使ってみるべきだ」との声が上がっていた。左派系団体は「到着できておめでとう」と皮肉った。(共同)

関連ニュース