記事詳細

22日「即位礼正殿の儀」 竹田恒泰氏が大村知事に最終警告!「大村知事は皇居の濠を渡るな」 (1/2ページ)

 天皇陛下が即位を正式に宣言される「即位礼正殿の儀」が22日、行われる。国内外から約2000人の賓客が参列を予定している。国内では自然災害が多発し、わが国を取り巻く国際情勢は厳しさを増すなか、皇位が安定的に継承されることの意義などについて、明治天皇の玄孫(やしゃご)で、作家の竹田恒泰氏が緊急寄稿した。昭和天皇の写真をバーナーで焼いた映像作品が、愛知県の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で公開されたことをめぐり、愛知県の大村秀章知事への「最終警告」も発した。

 一連の即位関連の行事のなかでも、「即位礼正殿の儀」は、新天皇陛下がご即位を内外に宣明なさる儀式で、三権の長をはじめ各界の代表者、各国元首級などが参列して行われる。結婚にたとえるなら、披露宴に該当する。

 両陛下はもとより、参列なさる皇族方は平安装束をお召しになる。女性皇族方の十二単は必見であろう。一部の宮内庁職員も装束をまとう。

 これは雛人形の実写版といってもよく、ぜひ注目してほしい。まさに日本国にとっての「晴れの日」であり、国民挙げて祝福したいものである。

 天皇陛下は第126代であらせられる。これだけ君主が代数を重ね、悠久の歴史を歩んできた国は他にない。日本書紀によれば今年は建国から2679年であり、また考古学では約2000年王朝交代がないことが学問的に証明されている。

 わが国は現存する国家のなかでは、世界最古の国家である。

関連ニュース