記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「肥」》肥えるクマと痩せるクマ (2/2ページ)

 温暖化への危機感は欧米から広まったが、米国でも近年、重大な関心が寄せられている。米紙ワシントン・ポストなどの調査によると、気候変動を「危機」ととらえる米国人は40%で、5年前の25%から増加。8月末にニューヨークに到着したスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)は米各地回って抗議デモを開いているが、都市部以外でも、若者たちの熱狂的な歓迎を受けている。

 米国での温暖化への関心の高まりは、増えるクマの体重のスピード並み。来年11月の大統領選には、主要論戦の1つに浮上していることも十分に考えられる。(M)

 ニューヨークの街のこと、米国の社会問題について取材中。

【zak女の雄叫び】取材や日常…。女性記者21人が月ごとのキーワードで本音を綴るリレーコラムです。10月のお題は「肥」です。