記事詳細

安倍首相「マラソン外交」スタート 即位の礼に合わせて各国要人続々

 安倍晋三首相は21日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて来日する各国要人との「マラソン会談」をスタートさせた。25日までに、約50カ国の要人と会談する。いずれも10~20分程度と短時間だ。「反日」で暴走する文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相との会談は、24日に予定されている。

 安倍首相は初日の21日、東京・元赤坂の迎賓館で計15人と会談する。午前中は、インド洋の島嶼(とうしょ)国、モルディブのイブラヒム・モハメド・ソーリフ大統領を皮切りに、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相ら6人。午後には、パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長や、スペイン国王のフェリペ6世、フランスのニコラ・サルコジ元大統領らと会う。