記事詳細

共産党「即位の礼」欠席、談話もなし… 野党共闘は可能なのか

 共産党は22日の「即位礼正殿の儀」に欠席し、主要政党が談話などで祝意を示すなか、政党として唯一、談話を出さなかった。野党陣営は次期衆院選を見据えて、共産党を含めた候補者の一本化を目指しているが、この調子で「野党共闘」などできるのか。

 《『即位の礼』儀式 憲法に抵触/国民主権・政教分離原則に背く》

 共産党の志位和夫委員長は22日午後1時過ぎ、一連の儀式に合わせるようにツイートし、党機関紙「しんぶん赤旗」の記事を紹介した。

 一方、立憲民主党の枝野幸男代表は《令和という時代が、国民一人ひとりにとって幸せな生活を実感できる、平和で穏やかな時代となることを改めて心から祈念します》との談話を発表。自らも皇居・宮殿での儀式に参列した。

 日本国憲法第一条で、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」と記されている。

 国民は、共産党の姿勢をどう判断するのか。

関連ニュース