記事詳細

韓国“開き直り”のゼロ回答! 米も圧力でさらに孤立化? 識者「『日本にメンツを立ててほしい』と思っていたのだろうが…甘すぎる」 日韓トップ級会談 (1/2ページ)

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国は、自国の置かれた危機的状況を理解していないのか。日韓請求権協定(1965年)違反を含む、数々の「反日」暴挙を繰り返しておきながら、李洛淵(イ・ナギョン)首相は24日、何の解決策・打開策も用意せずに、安倍晋三首相との個別会談に臨んだのだ。安倍政権だけでなく、ドナルド・トランプ米政権もあきれ果て、韓国はさらに孤立化しそうだ。

 「韓国からすれば『日本にメンツを立ててほしい』と思っていたのだろうが、甘すぎる」

 朝鮮半島情勢に詳しい龍谷大学の李相哲教授は、注目の個別会談について、こう語った。

 安倍首相は24日午前、「即位礼正殿の儀」に合わせて来日した李首相と官邸で会談した。

 史上最悪の日韓関係は、韓国国会議長による「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」や、いわゆる「元徴用工」の異常判決、韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射事件、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定など、韓国側の常軌を逸した「反日」暴挙に原因がある。

 安倍首相は、徴用工判決について「国際法に明確に違反しており、日韓関係の法的基盤を根本から崩すものだ。韓国は国交正常化の基礎となった国際条約を一方的に破っている」と、国家間の約束の順守を求めた。

 これに対し、李首相は「対話の重要性について認識を共有する」としたが、「韓国は日韓基本条約および日韓請求権協定を尊重し、順守してきており、今後もそのようにする」と開き直ったのだ。