記事詳細

鳥取でグライダー同士が衝突 女性1人死亡、1人重傷

 27日午後0時20分ごろ、鳥取市河原町稲常の上空でハンググライダー同士が衝突したと119番があった。2機は地上に落下し、操縦していた鳥取大生、小松ひなさん(21)が頭などを強く打って搬送先の病院で死亡。もう1機の無職、穐吉さおりさん(46)が鎖骨を折るなどの重傷を負った。鳥取県警が詳しい状況を調べる。

 現場は鳥取市南部の霊石山(標高334メートル)付近で、スカイスポーツが盛ん。県警によると、2人は全国の男女44人が参加予定のイベント「霊石山フライトフェスティバル」に出場。山頂付近から1人ずつ飛び、当時は複数の機体が上空を飛行していた。強風は吹いていなかった。

 イベント事務局によると、事故当時、着陸地点の精度などを争う競技の最中だった。