記事詳細

バグダディ急襲で大ケン闘の「英雄犬」 トランプ大統領がホワイトハウスに招待

 過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者バグダディ容疑者の急襲作戦で活躍した軍用犬が米メディアの注目を集めている。容疑者を隠れ家のトンネルの奥まで追い詰め、負傷して帰還したことから「英雄犬」と称賛。国防総省が名前を「機密扱い」して公表しないことで関心に拍車を掛けた。

 トランプ大統領は28日、ツイッターで犬の写真を公開し「偉大な仕事をした素晴らしい犬(名前は機密だ)」と投稿した。米メディアによると、トランプ氏は犬との面会を望み、ホワイトハウスに招待したという。

 犬の名前が機密の理由は謎で、米軍のミリー統合参謀本部議長は28日の記者会見で尋ねられたが、名前は公表しないと強調。「犬はわずかなけがを負ったが、完全に回復し任務に戻った」と述べた。

 一方、米メディアは同日、バグダディ容疑者の遺体が海に水葬されたと伝えた。(共同)