記事詳細

首里城火災、「分電盤」にショート痕…電気系統のトラブルか

 那覇市の首里城で全焼した正殿北側の焼け跡から、電気などを分配する「分電盤」と呼ばれる装置が焼け焦げた状態で見つかった。沖縄県警と消防は電気系統のトラブルの可能性も視野に調べている。

 NHKは分電盤にショートした痕のようなものが残っていたと報じた。正殿外観を写す防犯カメラには10月31日の消防到着前、1階東側の外に向かって中から炎が噴き上がっている様子が記録されていた。外部から侵入した形跡はなく、県警は放火の可能性は低いとみている。

 正殿などに通じる奉神門の正面区域は、鮮やかな朱色が特徴的だった正殿は焼けて落ちて見る影もなく、正殿前の中庭(御庭)にはがれきが散乱し、周辺には焦げたにおいが漂っていた。

関連ニュース