記事詳細

菊池桃子の再婚相手は経産省官僚の“スーパーエリート” 「ポイント還元制度」などに携わる次期事務次官候補 (1/2ページ)

 4日、再婚を発表した女優の菊池桃子(51)。菊池は自身のブログでお相手を“一般の男性”と紹介していたがどうしてどうして。実際は経済産業省で経済産業政策局長を務める新原浩朗氏(60)で、次期事務次官候補と目される超エリート官僚だ。

 2人の出会いは、安倍晋三首相の肝いりで2015年に発足した私的諮問機関「一億総活躍国民会議」。母校の戸板女子短大で客員教授を務める菊池も民間議員として起用された。一方の新原氏は同会議を運営する「一億総活躍推進室」の次長だった。そんな2人が結婚を前提とした交際に発展したのは今年に入ってのこと。菊池はブログでこうつづる。「幾つになっても、人間的な成長を目指す前向きで明るい伴侶と共に、私自身、仕事も精進を重ね、もうひと回り大きくなる姿を皆様に見ていただけますよう頑張ってまいります」

 それにしても、桃ちゃんをゲットした新原氏とはどんな人物なのか。

 福岡県出身で1984年、東大経済学部を卒業して通商産業省(現経済産業省)に入省。産業組織課長などを経て、2010年には民主党の菅直人政権で首相秘書官を務めている。

関連ニュース