記事詳細

門田隆将氏が日韓問題を斬る! 「文政権はGSOMIA破棄を撤回したくて仕方ない」 文議長の基金設立案は「観測気球に過ぎない」 (1/2ページ)

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効期限(23日午前0時)に焦っている。韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長は「基金設立案」を提案し、日韓・韓日議員連盟の合同総会では「対話」がアピールされた。日本の一部メディアは「韓国に歩み寄れ」と大騒ぎしているが、おかしくないか。近著『新聞という病』(産経新聞出版)がベストセラーになっている、作家でジャーナリストの門田隆将氏が考察した。

 「文政権は、(同盟国の米国に責められ)GSOMIA破棄を撤回したくて仕方ないのではないか。日本は決してスキを与えてはならない。日本は破棄されても何ら困らない」

 門田氏はこう語った。

 媚韓メディアの主張とは違い、安倍晋三政権の「ボールは韓国にある」という姿勢を支持した。

 ■「文議長の暴言の責任を問え」

 「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」という常軌を逸した暴言で、日本国民の怒りを買った文議長は5日、早稲田大学で講演した。いわゆる徴用工問題をめぐり、日韓の企業や個人から寄付を集めて、元徴用工への賠償に当てる基金設立という私案を披露した。

関連ニュース