記事詳細

ついに犠牲者…香港“血で血を洗う”内乱状態に 男子学生死亡、反デモ派にも被害

 学生らの抗議活動に揺れる香港。騒乱激化の一途で、8日には建物から転落した香港科技大の男子学生(22)が死亡。一方で、デモ批判の急先鋒である親中派議員が襲撃されるなど血で血を洗う内乱状態が続いている。

 学生は4日未明、新界地区の住宅街にある立体駐車場の3階から2階に転落。頭を強く打ち、8日に搬送先の病院で死亡した。転落した状況は不明だが、警官隊は当時、市民らを排除するため、立体駐車場に向けて、催涙弾を撃ったとされ、「催涙弾から逃れようとして転落したのでは」との見方もある。

 警察は「催涙弾を撃った場所は現場から120メートル離れている」と釈明したが、「学生は警察の暴力によって死亡した」と信じる若者は多い。

 こうしたなか、反デモ派にも被害が出ている。CNN(日本語版)によると、6日に新界地区の路上で、SNSや地元メディアなどでデモ批判を繰り返していた立法会(議会)の何君尭議員が刺され、胸部を負傷した。何氏は、7月に起きた民主派襲撃事件の犯行グループとの関係を疑う声も出ている人物という。