記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】パートナーを「異性」として見る意識が大切 (2/2ページ)

 なので、できるだけ女性として、異性として、愛する相手として見るために、女性も男性も努力していく必要があると思っています。

 「いまさら性の話なんてできないよ」という方。まずは、ちょっと官能的なシーンが入る映画や、性をテーマにしたアートなど一緒に触れてみてはいかがでしょうか。

 相手と居てドキドキするような空間を作れるように心がけることが大切だと思っています。

 それから、できれば、言葉でも物でも、ふだん感謝していること、大切に思っていることを伝えた方がいいと思います。「異性として見ている」という意識を伝えることによって、少しは性の話もしやすくなるのではないでしょうか。

 シャイな人は、なかなか難しいかもしれませんが、明るいパートナーシップを作っていくために、とても大切なことです。

 ■くどうまおり 津田塾大学数学科卒。大手人材会社を経て、セクシュアルウェルネスメーカー、TENGAの広報に転職。女性向けセルフプレジャー・アイテムブランドirohaのPRなどに携わった後、この春フリーランスに。PR業務、恋愛・性・キャリアに関するコラムを執筆。

関連ニュース